私たちKECオンライン英会話のゴールは、KECに通うすべての生徒が”使える英語”の習得。

英語が必須のこの時代に、将来の選択肢が無限に広がるように。
そして10年20年先にも続く自信を育てるために。

2018年からの英語教育改革。
「英語を使ってコミュニケーションする力」は、
5つの領域で作られています。
「聞く」「話す」「読む」「書く」「対話する」

KECでは、各領域の目標を定めています。

英語の5領域

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能に「対話」加えた、
これから必要とされる5つの力を5領域と呼びます。

「聞く」
相手が言ったことを理解できる(リスニング)
「話す」
自分が伝えたいことを表現できる(スピーチ、プレゼン)
「読む」
読んだ内容を理解できる、音読ができる(読解、音読)
「書く」
自分が伝えたい事を書くことができる(日記、小論文)
「対話」
英語で意見のやり取りができる(ディスカッション、ディベート)

これら5つの分野の力をバランスよく高めていくことが必要です。

G-PDCAサイクルとは

受験のその先を見据えて、社会や企業が求める「主体性」を
育むためのサイクルです。
KECオンライン英会話を通して、英会話力だけでなく主体性も高めていくことを
目標としています。